Path to Innovation Path to Innovation

___ Innovation Journal by i.lab inc.
About this site
Close

“Path to Innovation”は、イノベーション・コンサルティング会社i.labが運営するWEBジャーナルです。

イノベーションに関連した、アイデア創出手法やマネジメント方法、さらに、おすすめの論文や書籍について紹介します。また、注目すべき先端技術や社会事象などについても、イノベーションが発生し得る「機会」としての視点から解説していきます。

Methods

大企業で継続的に
新規事業が生まれる
ための組織や仕組み、
人材づくり

イノベーションを目的とした新規事業創出の必要性は多くの企業において広く認識されています。しかし新規事業のアイデアが継続的に創出されるような仕組みが整っている企業は多くありません。そこでi.labでは、様々な日本の大企業に対するコンサルティング・プロジェクトを通じた実践知や東京大学i.schoolでの研究で培った理論知を活かし、クライアントに最も適切な、社内での継続的な新規事業創出のための組織や仕組み、人材づくりを支援しています。その支援方法はクライアントによって様々な形をとります。例えば、2013年度下期には、ITサービス企業のSCSK株式会社(以下、「SCSK」。 http://www.scsk.jp)の社内アイデアコンテスト「イノワングランプリ」の実行支援を行いました。今回のエントリーでは、その「イノワングランプリ」の事例について紹介します。

Hayato Shin / 2015.5.08

Photo by Matthew Wiebe

社内リソースで継続できるイノベーション・プロセスのデザイン


本支援は、ilabの支援終了後もSCSK社内で継続的にコンテスト運営ができること目的として行いました。ilabは、コンテスト初期段階に当たるアイデア募集フェーズにおいて、アイデア創出ワークショップのプロセスのデザインを担当しました。その際、ファシリテーションの腕に頼り過ぎることなく、プロセスでアイデアの質を高めることができるようなデザインを行いました。そして、ワークショップでは、まずi.labがモデルとしてファシリテーションを実施しました。その後、SCSKの事務局メンバーが一連のファシリテーションを実施するというステップを採りました。これにより、i.labの支援終了後も継続的に、高い質のままコンテスト運営をできるような仕組みがSCSK社内に導入されました。また、コンテスト後半では、選抜をくぐり抜けたアイデアについて、役員向けの最終プレゼンに向けたアイデア内容のブラッシュアップや外部アドバイザーとして調査先アレンジを担当しました。

実践事例と共に進める、イノベーションマネジメントの仕組みづくり


発表されたアイデアは審査員の方々にどれも高い評価を受けました。特にi.labら外部アドバイザーからのサポートのない前年と比べて「明らかにアイデアの現実性、具体性が高まっている」というコメントを頂きました。また、コンテスト終了後には、SCSKの事務局メンバーとの振り返りの場を設け、運営についての学びを定着させる、同時に質の高い新規事業創出のための組織や仕組み、人材づくりが継続的に実施できるよう、サポートしました。今後、i.labでは、先端的な事例の創出を支援することに加え、こうしたイノベーションマネジメントの相乗作用を活用することを目指しています。


※本実行支援の内容が日経BP社「NIKKEI DESIGN 2014年度5月号」および「実践デザイン・シンキング」に掲載されました。
Author
新 隼人

Hayato Shin
i.lab Business Designer

東京大学i.school プログラムマネジャー。電気通信大学大学院知能機械工学専攻修了(学長賞副総代)。大学院時代には、国費奨学生として派遣国イタリアの現地企業にて産業用自律移動ロボットの研究開発に携わる。現在は、i.labでのコンサルティング活動に加え、東京大学i.schoolにて、海外大学や企業とのコラボレーションを主な担当として教育活動にも注力している。

Related Posts
Methods

イノベーション人材が
身につけるべき
要素や能力

Yukinobu Yokota
2016.6.27

イノベーションを生み出せる人材に自分自身が育ったり、自分の部下を育てたりするためには、どのような目標を設定しておけば良いのでしょうか。東京大学i.schoolの活動を統括指揮するエグゼクティブディレクター堀井秀之教授は、イノベーションを起こせる人材になるために身につけるべき3つの要素として、モチベーション、マインドセット、スキルセットを提唱しています。今日は、そのうちのモチベーションとマインドセットについて、考えるところを紹介します。

Methods

「調査のための調査」
に陥っていないか

Hayato Shin
2015.5.01

最近では、「人間中心イノベーション」の概念の中でも、「デザイン・シンキング(=デザイン思考)」と呼ばれる方法論が、製品開発のみならず事業開発の文脈でも注目を集めています。「デザイン・シンキング(=デザイン思考)」とは、アイデアを創出する方法論の一つです。ユーザーに対し、参与観察を行う事で得られるユーザー理解を起点としています。技術開発や技術調査ではなく、人側から考え始めるという点で、人間中心の調査手法と言えます。今回は、「人間中心イノベーションの調査方法」、特に生活者に焦点を当てた調査について紹介します。