Path to Innovation Path to Innovation

___ Innovation Journal by i.lab inc.
About this site
Close

“Path to Innovation”は、イノベーション・コンサルティング会社i.labが運営するWEBジャーナルです。

イノベーションに関連した、アイデア創出手法やマネジメント方法、さらに、おすすめの論文や書籍について紹介します。また、注目すべき先端技術や社会事象などについても、イノベーションが発生し得る「機会」としての視点から解説していきます。

Thoughts

結局、
デザイン・シンキング
とは何か

最近、「デザイン・シンキング(=デザイン思考)」や「人間中心イノベーション」、「デザインドリブン・イノベーション」と呼ばれる方法論の新製品・サービス開発への適用可能性が話題になっています。これらの方法論と、これまでの技術起点のアプローチや市場起点のアプローチのアイデア発想プロセスとを比較した際、共通点や新しい点は何でしょうか。

Hayato Shin / 2015.5.15

Photo by Aron Van de Pol

アイデア発想のプロセスはどの情報に最初の一歩を置くかで4つに分類できる


まず、アイデア発想とは入力情報があり、それを処理して、アイデアを出力するプロセスであると言えます。どの情報に最初の一歩(ほとんどの場合は軸足にもなります)を置いてアイデア発想するかということに着目すると世の中にある方法論の多くは、下図で全体像を整理できます。左側に技術、右側に人間とします。その2つの中間にある情報は、左側からみると市場に見えますし、右側から見ると社会に見えるでしょう。そしてアイデアに至るプロセスで、まずは最初の一歩目をどこに置くのかという視点でみると、①技術起点、②市場起点、③社会起点、④人間起点の4つに分類できます。「デザイン・シンキング(=デザイン思考)」は、この中の人間起点のアプローチとほぼ同義で、ユーザーへの観察やインタビューを中心として、定性的な分析と仮説構築をすることに特徴があります。そのため、基礎技術の用途探索や特定技術の開発展望分析を行う技術起点や、成長性・話題性のある新興製品・サービス分野の探索を行う市場起点とは異なります。

2-pic-w660

それぞれのアプローチの代表的方法と得意な部門・企業


それぞれのアプローチを取る時に、個人またはプロジェクトを進めるメンバー内で暗黙のうちにしている問いかけがあります。プロジェクト内では、この問いかけに答えるために、調査を行ったり、議論を行ったり、発想を行ったりします。普段自分たちがどのアプローチを採用しているのかは、その問いかけの内容で、ある程度判断ができると思います。

1. 技術起点アプローチ


典型的な問いかけとしては「この基礎技術を使ったらどのような製品開発ができそうか?」や「今後どのような技術領域がホットなのか?」があります。主に、基礎技術の用途探索や特定技術の開発展望予測(技術ロードマップの作成)などを行うアプローチで、一般的にR&D系の事業開発部門や技術系の戦略コンサル・シンクタンクが得意としています。

2. 市場起点アプローチ


典型的な問いかけとしては「どの市場が今後拡大するのか?」や「どの地域・消費者層が今後有望か?」、「敢えて競合製品とは異なる価値や体験は他にないか?」があります。主に、成長性・話題性のある新興製品・サービス分野の探索や既存成熟製品・サービス分析(Break the biasやブルーオーシャン戦略)などを行うアプローチで、一般的に経営企画系の事業開発部門や戦略コンサル・シンクタンクが得意としています。

3. 社会起点アプローチ


典型的な問いかけとしては「現在注目を集めている社会課題は何か?」や「未来を見据えた際に、これから顕在化してくる社会課題は何か?」があります。主に、社会課題の特定や国際機関のレポートの調査、特定の社会テーマの専門家ヒアリングなどを行うアプローチで、一般的にNPO・NGOや国際開発機関が得意としています。

4. 人間起点アプローチ


典型的な問いかけとしては「この製品・サービスを使っている人が感じている本質的な価値はどこにあるのか?」や「 日常生活の中で、人々の価値観や行動で今後変化すること、変わらないことは何か?」があります。主に、生活者インタビューや行動観察調査、公開情報(Webや雑誌記事)の調査などを行うアプローチで、一般的にデザインリサーチ部門やデザインコンサルが得意としています。「デザイン・シンキング(=デザイン思考)」もこのアプローチに含まれます。

それぞれのアプローチの一長一短


3-pic-w6601

紹介してきた4つのアプローチに関連した方法論の特徴や強み・弱みを上図のように整理してみました。また、その方法論を使う対象として、製品開発、サービス開発、そして事業開発を想定した場合に、どれくらい親和性があるのか評価してみました。

i.labが考える、それぞれのアプローチの課題認識のまとめとして、以下のことが挙げられます。

i.labとしては、決定版となり得る方法論はないというのが正直な所感です。企業や部門、アイデアを出す期間、メンバー構成、他制約条件を考慮にいれて、それぞれのアプローチ方法の良いところを一度分解し取り出しながら、それらを調和的に繋ぎ直して、創造的なプロセスをオーダーで設計する必要があると思います。

i.labでは、このブログでは紹介しきれない方法論や実践事例、「イノベーション」にまつわる最新情報を、PDF付録付きの「ilab News Letter」で無料配信しています。購読を希望される方は、Vol.1の試し読みも出来る下記URLからお申し込み下さい。また、購読申し込み後には、アーカイブも閲覧可能なURL情報をお送りします。
http://eepurl.com/bcVPrD
Author
新 隼人

Hayato Shin
i.lab Business Designer

東京大学i.school プログラムマネジャー。電気通信大学大学院知能機械工学専攻修了(学長賞副総代)。大学院時代には、国費奨学生として派遣国イタリアの現地企業にて産業用自律移動ロボットの研究開発に携わる。現在は、i.labでのコンサルティング活動に加え、東京大学i.schoolにて、海外大学や企業とのコラボレーションを主な担当として教育活動にも注力している。

Related Posts
Thoughts

フィンランドにおけるイノベーション×デザイン
第1回:ヘルシンキの街

Tomohiko Terada
2017.6.30

i.lab シニアビジネスデザイナーの寺田です。3月末に研修の一環でフィンランドにおけるイノベーションとデザインを調査してきました。現地で見聞きしたことについて、これから5回に分けて紹介したいと思います。まず第1回目は、ヘルシンキの街について紹介します。

Thoughts

フィンランドにおけるイノベーション×デザイン
第2回:アアルト大学における起業家マインド育成

Tomohiko Terada
2017.11.09

前回はヘルシンキの街について紹介しましたが、第2回目の今回は、アアルト大学における起業家マインド育成への取り組みについてご紹介します。