Path to Innovation Path to Innovation

___ Innovation Journal by i.lab inc.
About this site
Close

“Path to Innovation”は、イノベーション・コンサルティング会社i.labが運営するWEBジャーナルです。

イノベーションに関連した、アイデア創出手法やマネジメント方法、さらに、おすすめの論文や書籍について紹介します。また、注目すべき先端技術や社会事象などについても、イノベーションが発生し得る「機会」としての視点から解説していきます。

Thoughts

新メンバーご紹介

COVID19の影響で外出自粛の毎日ですが、i.labでは3月上旬から原則としてテレワークで仕事をしています。 この4月よりi.labに2名の新しい仲間が加わりました。 新しい仲間を迎え、一緒に仕事をするのを楽しみにしていたのですが、COVID19の影響でオンラインでの協業になりました。i.labはもともと働き方が柔軟ということもあり、そんな中でも仕事を進められる体制を整えております。

Tomohiko Terada / 2020.4.20

さて、今回は新メンバーの自己紹介をお届けします。

・島田怜南(しまだ れいなん)さん:エクスペリエンスデザイナー
(以下本人コメント) 
2016年から日本で働いています。人間中心イノベーションを専門とする会社mctで2年間ほど活動し、前職R/GAではエクスペリエンスデザイナーとして、アプリやウェブサイト、デジタルアトラクションなどをデザインしていました。 元々東京出身ですが、10歳の時からイギリスに引っ越しました。グラスゴー芸術大学でプロダクトデザインを学びました。 2013年i.labで5ヶ月間インターンとして働かせてもらいました。その時関わったプロジェクトだったり、働き方に魅力を感じました。デザイナーとしてスキルを上げながら、様々なイノベーションに貢献できればと思っています。よろしくお願いいたします。

・鈴木斉(すずき ひとし)さん:ビジネスデザイナー
(以下本人コメント) 4月よりi.labに新卒として入社しました、鈴木斉(ひとし)と申します。東北大学で機械工学、同大学院では技術経営を専攻していました。i.labは紹介でその存在を知りましたが、もともと関心があったイノベーションについての仕事であることや、様々な大企業の新規事業に関わるコンサルティングができることに魅力を感じ、入社することとなりました。当分は仕事のオペレーション的な部分を理解・習得しつつ、ミーティング等で貢献できるスキルを身につけたいと思っています。よろしくお願いいたします。

以上2名を迎え、i.labとしてもますますパワーアップして仕事して参りますので、本年度もどうぞよろしくお願い致します。
Author
寺田知彦

Tomohiko Terada
i.lab Director

東京大学大学院新領域創成科学研究科修士。ESADE Business School (Spain) MBA。キヤノン株式会社にて特許エンジエアの後、外資系戦略ファームにて、自動車業界をはじめ全社戦略立案等のプロジェクトに携る。i.labでは自動車、産業機器、ヘルスケア等の業界のアイデア創出・新規事業開発プロジェクトに携わる。

Related Posts
Thoughts

「innovation lounge vol.3」イベントレポート

Jun Murakoshi
2019.3.29

2017年に初開催しました、少人数の招待制トークイベント「innovation lounge」。年度末も差し迫る3月中旬に『Vision meets challenge』と題して、第3回を開催しました。これまで同様、登壇者や参加者、i.labのメンバーが一人ひとり交流しやすい規模を想定し、組織または個人としてイノベーション活動に関わられている方、30名程度をお招きし、登壇者プレゼンテーション後の懇親会でも、参加者同士により夜遅くまで活発な議論が繰り広げられました。

Thoughts

人工知能と
クリエイション

Jun Murakoshi
2017.1.15

「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」と題する野村総合研究所の記事が話題になって、一年以上が経過した。○○デザイナーといった職業は、代替可能性の低い100種の中に比較的多く存在していた印象だが、プロダクトデザイナーとしてあらためて自分の未来の働き方(人工知能との関わり方)に思いを馳せてみた。